このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



J2札幌柳下監督がW杯出場組にエール

練習中に選手に指示を出す札幌の柳下監督(撮影・長島一浩)
練習中に選手に指示を出す札幌の柳下監督(撮影・長島一浩)

 元磐田のJ2札幌柳下監督が、教え子のW杯代表メンバー入りを喜んだ。

 発表から一夜明けた16日、札幌ドームのサブグラウンドでの練習後、選出された磐田DF田中、MF福西にエールを送った。「田中は3枚の真ん中で一番、力を発揮すると思う。福西はW杯だったら、もっと集中してくれるだろう。頑張ってもらいたい」と話した。

 チームは17日に、7試合ぶりの勝利を狙い、ホームで鳥栖と対戦する。

[2006年5月16日18時13分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア