このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



加地、危険なタックル受け退場/親善試合

<国際親善試合:ドイツ2-2日本>◇30日◇ドイツ・レバークーゼン

 日本代表MF加地亮(G大阪=26)が負傷退場した。前半35分、右サイドからドリブルで持ち込んだが、相手MFシュバインシュタイガーのタックルを後方から受けた。加地は右足を痛め、フィールドに倒れ込み、そのまま立ち上がれず、担架で運び出された。

[2006年5月31日8時38分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア