このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



DF坪井が負傷交代/F組

<1次リーグ:オーストラリア3-1日本>◇12日◇F組◇カイザースラウテルン

 3バックの一角を担っていた坪井が右脚を痛め、後半11分に途中交代した。後半9分ごろからプレー中に脚を引きずるようなしぐさで異変をアピール。プレーが止まるとピッチの外に出て早川トレーナーの手当てを受けたが、続行を断念して茂庭と交代した。

 ジーコ監督は「今は様子を見るが、筋肉系の重傷でなければいいが…」と表情を曇らせた。ドイツ入りしてから、実績のある田中(磐田)がチームを離脱したポジションだけに、日本に心配の種がまた1つ増えてしまった。

[2006年6月13日2時34分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア