このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



DF宮本は切り替えを強調/F組

<1次リーグ:オーストラリア3-1日本>◇12日◇F組◇カイザースラウテルン

 DF宮本は、後半39分からの3失点逆転負けに厳しい表情だった。「80分までは試合をコントロールできた」とオーストラリア対策の成果を見せたが、暑さで体力が消耗した終盤に足が止まり「ボールの出どころに行けなくなった」。

 1次リーグ突破のカギを握る初戦を逆転で落としたことに「今日の結果は誰も想像していなかったこと。次に勝つために何ができるかを考えたい」と、必死に気持ちを切り替えようとしていた。

[2006年6月13日2時34分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア