このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



途中退場した坪井は次戦に影響なし

 日本サッカー協会は13日、12日のオーストラリア戦で途中退場したDF坪井慶介(26=浦和)の状態について「両太もも裏と左太もも前面をつった。けがではないので治療の必要はない」と発表した。次戦の18日、クロアチア戦出場に影響はないとみられる。

 坪井はオーストラリア戦の後半11分、脚に異常を訴えて途中交代していた。

[2006年6月13日20時27分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア