このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



クラニチャール監督が突破に自信/F組

<1次リーグ:日本0-0クロアチア>◇18日◇F組◇ニュルンベルク

 クロアチアのZ・クラニチャール監督は結果には落胆したが、決勝トーナメント進出へ自信を見せた。「残念ながら試合内容が結果に結び付かなかった。だが、失望しているわけじゃない」と前を向いた。

 前半22分にはMFスルナがPKを止められるなど、16本のシュートを放ちながらゴールを奪えなかった。次戦は22日のオーストラリア戦。「まだ、士気は高い」と選手を信頼した。

[2006年6月19日3時37分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア