このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



長谷部、巻、佐藤寿は「故障者の代役」

 ブラジルで休暇中のジーコ監督は、予告していた23人から1人少ない22人を代表メンバーとして発表した。欧州組がシーズン中ということもあり全選手が国内組で、復帰を待ち望んでいた横浜FW久保も招集。また、日本協会には故障で離脱している東京MF今野に代わり長谷部、浦和FW田中達に代わり巻、柏FW玉田に代わり佐藤寿らをというメッセージが添えられたという。「クラブで出してきた力を代表でも発揮してほしい」とコメントを出し、佐藤寿、長谷部の初選出組を筆頭に招集した22人へ期待を寄せた。

 田嶋技術委員長は「日本人得点王としてジーコ監督は(佐藤)寿人を高く評価していた。長谷部もジーコ監督が好きなタイプ」と付け加えた。始動は1月29日の宮崎合宿で、米国遠征から帰国する2月12日まで、この日発表されたメンバーで臨む。来年1月4日に行われるアジア杯予選の抽選結果を待って、その後に予定されている試合のメンバー、発表時期について決定することにしている。

[2005年12月27日 10時8分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア