このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



ジーコ監督がシステム明言避ける

 日本代表のジーコ監督がシステム変更に関して明言を避けた。16日、静岡県磐田市内で合宿をスタート。17日に合流する浦和、東京勢を除く16人が7対8の変則ミニゲームやシュート練習などを消化した。10日の米国戦でテストした3−6−1から2トップへのシステムチェンジが有力視されているが、ジーコ監督は18日のフィンランド戦(静岡スタジアム)へ向けて「システム? まだ決めていない。明日決める」と話しただけだった。ミニゲームではFW佐藤が2得点するなど好調な動きを見せた。

[2006年2月16日 21時49分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア