このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

コスタリカはワンチョペ孤立で敗退/A組

ゴール前で奮闘するコスタリカFWワンチョペ(ロイター)
ゴール前で奮闘するコスタリカFWワンチョペ(ロイター)

<1次リーグ:エクアドル3-0コスタリカ>◇15日◇A組◇ハンブルク

 コスタリカは1次リーグ敗退が決まった。開始早々は攻め込むシーンもあったが、前半8分にエクアドルに先制を許してからは攻撃が単調になった。開幕のドイツ戦で2得点を挙げたFWワンチョペにボールを集めようとしたが、相手DFの堅い守りの前に孤立。後半42分にはFWサボリオのシュートがクロスバーに当たるなど運もなく、90年大会以来の決勝トーナメント進出はならず。ギマラエス監督は「失望している。こんな敗退の仕方をするチームではないのに」と話した。

[2006年6月16日2時34分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア