このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ブラッター会長「アジア勢全滅は事故」

 国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は28日、大会公式サイトのインタビューで日本、韓国、サウジアラビア、イランのアジア全4チームが1次リーグで敗退したことに触れ「残念だったが、これは一つの事故だと思う」と語った。

 ドイツ大会では欧州勢の好調が続くが、「開催国というのは間違いなく有利に働く。今大会では欧州チームがまた輝いた」とコメント。しかし「少なくともアジアで1チームは16強入りすることができたはず」と苦言を呈した。「今後は(16強入りした)オーストラリアの参加で競争レベルが高まるに違いない」と期待していた。

[2006年6月29日13時23分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア