このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

暴行で独MFフリンクスを一転処分へ

 FIFAは2日、30日のドイツ-アルゼンチン戦終了後の乱闘事件について、ドイツのMFフリンクスを処分する方向だと発表した。PK戦終了後、アルゼンチンDFクフレらが、ドイツ選手に詰め寄り、つかみ合いの騒ぎとなった。クフレはDFメルテザッカーの下腹部にけりを入れるなどして、退場処分を受けていた。

 FIFAのジーグラー広報部長はフリンクスを処分しない方針を明らかにしていたが、ビデオ映像で暴行の場面が見つかったため、処分すべきだと判断した。

[2006年7月3日11時47分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア