このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

イタリア、決勝も先発は同じ見込み

決勝戦を前に練習する左からデロッシ、トッティ、デルピエロ(ロイター)
決勝戦を前に練習する左からデロッシ、トッティ、デルピエロ(ロイター)

 24年ぶり4度目のW杯制覇を目指すイタリア代表が8日、合宿地のドイツ・デュッセルドルフで最後の調整を終えた。約1時間半、ミニゲームとFKの練習などで汗を流し、9日午後8時(日本時間10日午前3時)からベルリンで行われるフランスとの決勝に備えた。

 先発メンバーは準決勝と同じ見込みで、GKブフォン、DFザンブロッタ、カンナバロ、マテラッツィ、グロッソ、MFカモラネージ、ピルロ、ガットゥーゾ、ペロッタ、トッティ、FWトニの4-5-1。リッピ監督は「イタリアの方がハングリー精神がある。勝つことしか考えていない。こんなチャンスは、すぐにはなかなか巡ってこないことをみんなが意識してほしい」と話した。

 自国開催だった1998年大会以来2度目の優勝を狙うフランスは、8日午後にハノーバーから空路でベルリンに移動した。

[2006年7月8日23時34分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア