このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ロナウドがコラムで手術の意向示す

 W杯で通算15得点の新記録を達成したブラジルのFWロナウドは7日、すねを手術することで代表チームドクターと合意したと明らかにした。

 この問題に関しては、所属クラブのレアル・マドリードが、すねを手術するとの報道を1度否定。だがロナウド自身が、スペイン紙のコラムで「8カ月も痛みを抱えていたし、深刻な手術でないので復帰まで長くかからない」と伝えた。

[2006年7月8日1時36分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア