このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ポルトガルFWパウレタが代表引退

 ポルトガルのFWパウレタ(33)が8日、同国代表からの引退を表明した。3位決定戦でドイツに敗れ、同国のテレビに「競技人生で最も悲しい日だ。このチームのためにプレーすること、得点することが大好きだったが、僕の(やめる)時が来た」と話した。パウレタはポルトガル代表として、通算88試合に出場し歴代最多の47得点を記録。今大会は1次リーグ初戦アンゴラ戦の1点だけに終わった。

[2006年7月9日18時27分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア