このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ドイツ代表首都凱旋…50万人と歓喜の万歳

 W杯で3位に輝いたドイツ代表チームが9日昼、決勝を前にした首都ベルリンに凱旋(がいせん)した。サポーターの熱い声援に感謝し、集まった50万人以上と何度も万歳して喜びを分かち合った。

 ブランデンブルク門前の野外観戦会場。選手が「ダンケ(ありがとう)」の文字入りのTシャツ姿で舞台に登場すると、会場を埋め尽くしたサポーターは一斉にドイツ国旗を振り、大きな声援で出迎えた。

 優勝は果たせなかったが「最高の4週間だった。一緒に戦ってくれたサポーターに心から感謝したい」とクリンスマン監督。選手は肩を組んで観客と一緒に歌い、踊り、W杯の余韻に浸った。

 マンハイムから来た建設作業員の男性(37)は「チームはまだ若い。4年後の大会は優勝さ」。9日夜の決勝を競技場で観戦するデュッセルドルフ近郊の電気技師ラルフ・ブレッザーさん(34)は「試合の勝ち負けより、今日は最後のW杯ムードを楽しみたい」と顔をほころばせた。

[2006年7月9日21時42分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア