このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ドイツ各紙がGKカーンを絶賛

 9日付のドイツ各紙は、3位決定戦を制した同国代表の戦いぶりをたたえた。

 大衆紙ビルトの日曜版はW杯関連に24ページを割き、3位決定戦に今大会初めて出場したGKカーンを「世界チャンピオン級」「(代表)引退はもったいなさ過ぎる」「ポルトガルの度重なるチャンスをブロック」などと絶賛。5段階評価で最高の1を付けた。イタリアとフランスによる決勝の展望は2ページだった。

 ウェルト紙の日曜版も「ミスのない試合をした」とカーンのプレーを褒め、本人の「これがわたしにとっての最後。本当に素晴らしい時を過ごした」という言葉を紹介した。

[2006年7月9日21時57分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア