このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

トレゼゲPK失敗、6年前から暗転/決勝

【イタリア-フランス】敗戦にぼう然のトレゼゲ(撮影・ガブリエル・ピコ)
【イタリア-フランス】敗戦にぼう然のトレゼゲ(撮影・ガブリエル・ピコ)

<決勝戦:イタリア1-1(PK5-3)フランス>◇9日◇ベルリン

 途中出場のフランスFWトレゼゲがPK戦でシュートを外し、直接の敗因となった。PK戦の2人目に登場したトレゼゲのシュートはバーを直撃。相手GKが飛んだ方向とは逆の左に蹴っていただけに惜しまれる。

 00年の欧州選手権決勝では、同じイタリア相手に延長前半13分にゴールデンゴールを決め優勝の立役者となったが、6年後、さらに大きな舞台でイタリアVの引き立て役となってしまった。

[2006年7月10日15時21分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア