このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

仏ドメネク監督「負けていない」/決勝

【イタリア-フランス】ベンチ前のドメネク監督(ロイター)
【イタリア-フランス】ベンチ前のドメネク監督(ロイター)

<決勝戦:イタリア1-1(PK5-3)フランス>◇9日◇ベルリン

 フランスがPK戦で2度目の優勝を逃した。ドメネク監督は「我々は負けていない。PK戦は決着をつけるもの。サッカーでは仕方がない」と強がった。

 前半7分にPKで先制したMFジダンが1-1で突入した延長後半5分、DFマテラッツィの胸に頭突きをくらわせ1発退場。残り10分を10人で戦った。PK戦ではFWトレゼゲがクロスバーに当て失敗し涙を飲んだ。

 W杯後に現役引退するジダンは、チームを決勝まで導く原動力になったが、最後の最後で、あまりにも皮肉な幕引きとなってしまった。

[2006年7月10日7時21分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア