このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

伊サポ、トレビの泉に歓喜のダイブ

ローマの観光名所「トレビの泉」で優勝祝うイタリアサポーター(AP=共同)
ローマの観光名所「トレビの泉」で優勝祝うイタリアサポーター(AP=共同)

 イタリアが優勝した9日夜から10日未明にかけ、ローマの観光名所「トレビの泉」に歓喜のダイブを行うサポーターが続出した。ベネチアやナポリでも海にジャンプする人が現れるなど、03年阪神優勝時の大阪・道頓堀を彷彿とさせる興奮状態が何時間も続いた。

 古代ローマの競技場跡、チルコマッシモで行われたパブリック・ビューイングには18万人が集まり、発炎筒の赤や青の煙で包まれる中、声援を送った。フランスMFジダンが、DFマテラッツィに頭突きをした場面では、ペットボトルを巨大スクリーンに投げ付けるファンも。勝利の瞬間には、ペットボトルが宙に飛び交い、中の水が雨のように降った。警戒の消防士らも、消防車の屋根に乗って試合の行方を見守った。また、複数のごみ箱に火がつけられ、窓ガラスを壊されたバスもあった。

 ナポリの広場には約3万人が集まった。同市出身MFカンナバロの背番号「5」を着た人がほとんどで、「カンナバロを早く聖人に」とのプラカードも目立った。

[2006年7月10日12時0分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア