このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

W杯優勝余波、自宅拘禁刑の暴力団員射殺

 イタリア南部ナポリ中心部のバーで9日夜、地元の暴力団員(30)が銃で撃たれ死亡した。知人の男性と客の女性の計2人も巻き添えで負傷した。

 この暴力団員は裁判で自宅拘禁の刑を受けていたが、W杯優勝のお祭り騒ぎを楽しもうと外出して撃たれたという。対立する暴力団員に狙われたらしい。

 イタリア各地では10日未明まで、多くの若者が優勝を祝おうと外で騒いだ。ジェノバでは、友人とゴムボートで沖に出た男性が海に落ち水死した。ローマとミラノでは、それぞれ男性1人が車で町中を走り回るうちに事故に遭い死亡した。

[2006年7月10日23時13分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア