このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

ジダン釈明「原因は母と姉傷つける言葉」

 W杯決勝でイタリアDFマテラッツィに頭突きを見舞い退場処分となったフランスMFジネディーヌ・ジダン(34)が12日夜(日本時間13日早朝)、フランスの有料テレビ「カナル・プリュス」に生出演し、頭突きの原因について自ら釈明した。ジダンによると、マテラッツィは「母と姉を深く傷つける言葉」を3回繰り返した。1、2回目は耐えたが、3回目で我慢できなくなったと、経緯を説明した。「とても耐え難い言葉」と表現し、具体的な言葉は明かさなかった。

 また「全世界の人に謝りたいが、行為自体は後悔していない」と話した。

 国際サッカー連盟(FIFA)は11日からジダンの行為について調査に入った。ブラッター会長は、調査結果次第で最優秀選手賞「ゴールデンボール賞」をはく奪する可能性を示唆した。

[2006年7月13日8時12分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア