このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

マテラッツィがFIFA本部で聴取受けた

 ANSA通信によると、サッカーのW杯決勝戦でフランスのMFジダンが頭突きをして退場処分となった問題で、暴言を吐いたとされるイタリアDFマテラッツィが14日、スイス・チューリヒの国際サッカー連盟(FIFA)本部で事情聴取を受けた。FIFA、マテラッツィとも聴取内容についてはコメントしていない。

 ジダンへの事情聴取は20日に行われる予定で、FIFAはその日のうちに両選手に処分を下すかどうかを決定する見込み。

[2006年7月14日21時19分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア