このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

マテラッツィ代理人ジダンのみ処分すべき

 W杯決勝でフランスのMFジダンが退場処分となった問題について、イタリアDFマテラッツィの代理人は14日、頭突きという形で報復行為を行ったジダンにのみFIFAからの処分が下されるべきだとの見解を示した。

 この代理人は、2004年欧州選手権でデンマークのポウルセンにつばを吐き3試合の出場停止処分を受けたイタリアのトッティを引き合いに出し「ポウルセンには何もなかった。それと全く似たケース」と訴えている。

[2006年7月14日21時22分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア