このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > ニュース


ここからニュース本文

W杯のシード国決定!日本は第4ポット

 国際サッカー連盟(FIFA)は6日、W杯本大会の組み合わせ抽選(9日、ライプチヒ)でのシード国を発表した。開催国ドイツ、前回優勝国ブラジルのほか、アルゼンチン、スペイン、イタリア、フランス、イングランド、メキシコの8国となった。ドイツがA組、ブラジルがF組に入ることも確認された。

 日本はアジア、北中米・カリブ海、欧州から外れたセルビア・モンテネグロとともに第4ポットに入った。「ポット」とは抽選箱のことで、8カ国ずつ4つのポットに分けられ、それぞれのポットから各組にチームが割り振られる。第1ポットはシード8カ国、第2ポットは南米、アフリカ、オセアニア、第3ポットが欧州勢となった。ポット分けは以下の通り。

 ▽第1 ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、フランス、イタリア、イングランド、スペイン、メキシコ

 ▽第2 エクアドル、パラグアイ、トーゴ、ガーナ、コートジボワール、アンゴラ、チュニジア、オーストラリア

 ▽第3 オランダ、チェコ、ウクライナ、ポルトガル、スイス、ポーランド、クロアチア、スウェーデン

 ▽第4 セルビア・モンテネグロ、米国、コスタリカ、トリニダード・トバゴ、サウジアラビア、韓国、日本、イラン

[2005年12月7日 0時28分]


最新ニュース一覧

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア