このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



次期イングランド監督にマクラーレン氏

 イングランド代表の次期監督に、現ミドルズブラ監督のスティーブ・マクラーレン氏(45)が就任することが決まった。同国協会(FA)が4日、発表した。今年8月1日からの4年契約。同氏は「大きな挑戦だが非常に名誉なこと。私のサッカー人生のハイライトになる」とあいさつした。

 マクラーレン氏はエリクソン現監督の下で02年W杯日韓大会ではコーチ、04年の欧州選手権でも助監督を務めた。今大会でも、臨時でコーチを務める予定になっていた。代表各選手を熟知しているうえ、今季はミドルズブラをUEFA杯決勝進出に導くなど確かな手腕も決め手となった。

 候補にはポルトガル代表のフェリペ監督やボルトンのアラダイス監督らの名前も挙がっていた。1月の新聞社のおとり取材での問題発言から、W杯後の退任を余儀なくされたエリクソン監督の後任問題は、08年欧州選手権へと移行できる最適の人材の就任で決着した。

[2006年5月5日8時49分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア