このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



クロアチア監督「日本戦で運命決まる」

 クロアチアのクラニチャール監督が、日本を評価しながらも自信を崩さなかった。「試合は見た。『日本を警戒しなければならない』と言わなくてはいけないだろう。運命を決める試合になるのは間違いない」とし「それでも私は、クロアチア代表の選手たちを信じている。彼らが日本代表よりもいい選手たちであることを」と付け加えた。同監督は「初戦でブラジルに負けた場合は日本戦が勝負になる。(ブラジルに)引き分けた場合は、日本戦で突破を決められる」と日本戦をキーマッチとしている。

[2006年6月2日9時10分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア