このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



どうしたロナウジーニョ?国民は不満

 ブラジルは8強入りを決めたものの、内容が伴っていない。ブラジル国民は、勝つだけで納得しない。そんな声に、パレイラ監督はムキになった。「なぜブラジルだけが美しいサッカーをしなくてはならないのか。ほかの国ではそんなことを言われないのに。きれいなサッカーをしても歴史に残らない。残るのは優勝したチームだけなんだ」。

 消化不良の一因は、MFロナウジーニョにもある。4試合を終えて無得点。バルセロナで見せる魔術は、まだ披露できていない。パレイラ監督は「代表とバルサのサッカーは比べられない。これから彼も良くなるだろう」とフォロー。ロナウジーニョは「点は、そのうち入る。勝ったからうれしい」と話した。一方、MFカカは「なぜこんなにパスミスしたか、話し合わないといけない」ブラジルはまだ本当の姿を見せてはいない。

[2006年6月29日9時19分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア