このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



中田氏世界放浪へ、背番7永久欠番運動も

 各方面からのラブコールにも、中田氏の頭に引退試合も解説者や指導者への転身もない。所属事務所サニーサイドアップの次原悦子社長は「何度も確認しましたがサッカーに関係した仕事はしないでしょう。これから先の1、2年は本当に世界各国を旅することになると思います」と話した。

 05年にはニューヨークのソーホー地区にビルを購入し、建築家安藤忠雄氏との共同事業も計画している。だがそのプランも、米国への大学進学も「旅の後」になりそうだ。一方で、98年に開設した自らの公式ホームページ(HP)は、存続するという。「彼のHPは既に1つのメディアになっているので形を変えて残したいと思います。ファンの方からの投票をもって、新HPの形を考えたいと思います」と次原社長。メディアへの露出は「当分ない」が、これまで通りHPで自ら情報を発信するようだ。

 HPには「背番号7を永久欠番に」というファンからのメールも多数、届いており、日本サッカー協会への署名活動の動きもあるという。同行者もない、たった1人の旅をスタートさせた中田氏だが、ファンはまだまだ離れそうにない。【柳田通斉】

[2006年7月5日11時24分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア