このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



レーマン靴下からカンペ出しバラック挨拶

 ポルトガル戦から一夜明けた9日、ドイツはシュツットガルトからベルリンへ空路移動。ブランデンブルク門でファンにあいさつした。3位決定戦は欠場した主将のバラックは司会者からマイクを向けられると「ちょっと待って。忘れ物をした」と、GKレーマンのストッキングにしのばせた紙を取り出してから「みんな、ありがとう」とあいさつ。アルゼンチン戦のPK戦でレーマンがカンニングペーパーを使ったことをネタにしたパフォーマンスで盛り上げた。

[2006年7月10日9時21分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア