このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



失意エリクソン監督、湖で小石とブツブツ

 イングランドのエリクソン監督は失意の日々を送っている。母国スウェーデンのリゾート地ビョークホースの湖のほとりで、ひとりごとをつぶやき続けていたと英紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドが報じた。目撃者は「まるで口論するかのように大声でひとりごとを言ったり、拾った小石に話しかけていた。見ているこっちが怖かった」と話した。

[2006年7月10日7時50分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア