このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



「売春婦…」家族侮辱でジダン暴発/決勝

マテラッツィへの頭突きで退場を宣告されるジダン(AP)
マテラッツィへの頭突きで退場を宣告されるジダン(AP)

<決勝戦:イタリア1-1(PK5-3)フランス>◇9日◇ベルリン

 「偉大な英雄」が一夜にして「世紀の愚か者」に転落した。W杯ドイツ大会での現役引退を表明していたフランス代表MFジネディーヌ・ジダン(34=Rマドリード)が、イタリアとの決勝戦で暴力行為で退場処分を受けた。1-1で迎えた延長後半5分、DFマテラッツィの胸に頭突きを浴びせた。家族を侮辱されたとの推測が有力だが、勝負どころでのエースの退場で、試合も1-1からのPK戦の末に敗れた。一夜明けて大会最優秀選手賞(MVP)に選出されたものの、母国フランスをはじめ世界中のメディアがジダンの行為を厳しく糾弾。栄光に彩られた数々の伝説は、最悪の幕切れになった。

 華麗なる伝説が一夜にして色あせた。偉大な英雄が粗暴な愚か者へと転落した。たった1発の頭突きで、ジダンは自らの名誉まで打ち砕いた。一夜明けた10日、世界中から批判を浴びた。ドイツ紙ビルトは「気が狂ったのか」との見出しで厳しく報じた。同モルゲン・ポスト紙は「屈辱的で不名誉なラスト」と嘆いた。

 異変は延長後半5分に起きた。ユニホームをつかまれたことを発端に、イタリアのDFマテラッツィと口論になった。1度はプレーに戻りかけたが、すぐに振り向き相手の胸元に強烈な頭突きを浴びせた。第4審判がビデオで確認する初のビデオ判定で、一発退場。W杯決勝という大舞台、しかも最大の勝負どころでピッチを去った。前半7分にPKを決めて決勝戦通算3得点目を刻んだ希代の司令塔は、自ら2度目のW杯優勝の夢を砕き、現役に幕を下ろした。

 耐えられない暴言を浴びたのだろう。沈黙を貫く当事者に代わり、ブラジルのテレビ番組で読唇術の専門家がマテラッツィの発言をチェック。「おまえの姉さんは売春婦だ」と2回繰り返したと分析した。ロイター通信は「母親を侮辱された」と報じた。一方、英国紙ガーディアンは「テロリスト呼ばわりされたのでは」。静かなる男の突然の暴発に、様々な推測が乱れ飛んだ。しかし、どんな理由であれ暴力は許されない。国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は「彼の気持ちは理解できるが、行為は許すことはできない」と手厳しかった。

 頭突きの直前までは、サッカー史に名を刻む偉大な英雄だった。98年W杯フランス大会決勝のブラジル戦で2得点。母国を初優勝に導き、国民的英雄になった。ユベントスでも代表でも世界の頂点に立った。アルジェリア系移民の貧しい生活からはい上がったサクセスストーリーは、移民国家フランスに希望を与えた。

 4月にW杯後の現役引退を表明。今大会は準決勝まで全盛時をほうふつさせる華麗なプレーで、母国を2大会ぶりの決勝に導いた。英雄が最後に優勝トロフイーを掲げてくれる。多くのフランス国民がそう信じていただけに、失望も大きかった。10日付フランス紙レキップは1面から2ページを割いてジダンを厳しく糾弾。「世界中の子供たちに、あの頭突きをどう説明するのか。偉大な選手に値しない」と酷評した。

 涙ながらに退場したジダンは表彰式にも出席せず、控室で1人ふさぎ込み、無言のまま会場を去った。一夜明けてチームは予定していた地元パリのシャンゼリゼでのパレードを中止。コンコルド広場での顔見せだけにとどめた。自ら起こした事態とはいえ「神に愛された男」とまで言われた不世出の男の最後は、あまりに寂しかった。【西尾雅治】

[2006年7月11日7時52分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア