このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



アンリ「平等」なビデオ判定訴える/決勝

前半1分、頭を強打し診察を受けるアンリ(撮影 ガブリエル・ピコ)
前半1分、頭を強打し診察を受けるアンリ(撮影 ガブリエル・ピコ)

<決勝戦:イタリア1-1(PK5-3)フランス>◇9日◇ベルリン

 フランスFWアンリは「平等な」ビデオ判定の実施を訴えた。ジダンがマテラッツィに頭突きした行為を当初は主審も副審も気付いておらず、第4審判のビデオ判定で確認されたもの。「ジダンの退場に対するビデオ判定が正しいとは思わない。もしビデオをするなら、マテラッツィの行為を含むすべての判定で使うべきだ」と不満を表明した。無得点に終わった自分自身より、英雄の退場を悔やんでいた。

[2006年7月11日7時58分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア