このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



狂犬ガットゥーゾ、ブリーフで脅迫/決勝

<決勝戦:イタリア1-1(PK5-3)フランス>◇9日◇ベルリン

 イタリアMFガットゥーゾは優勝後も「狂犬」だった。チームが大はしゃぎする中、なぜか短パンを脱いでブリーフ姿。リッピ監督を見つけると、つかみかからんばかりの勢いで「代表に残ると誓ってくれ! もし代表をやめたら殺してやる」と冗談で脅かした。取材時も興奮は収まらず「約束した7、8人の親戚に各自1万ユーロ(145万円)だったら喜んで払う」と仰天発言を連発していた。

[2006年7月11日8時6分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア