このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



入院中のペッソット氏がVサイン

 ビルから飛び降り、重体で入院中の元イタリア代表DFペッソット氏が、関係者の「優勝したよ」という呼び掛けに、手でVサインをつくって応えた。カンナバロ、ザンブロッタらが、近日中に見舞いに訪れる予定。

[2006年7月11日8時6分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア