このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



ピルロMOM/決勝

<決勝戦:イタリア1-1(PK5-3)フランス>◇9日◇ベルリン

 司令塔ピルロがチームを救った。ゲームを組み立て、セットプレーでは精度の高いキックを連発。マテラッツィの同点弾をアシストするなど右CKはさえ渡り、PK戦でも緊張を強いられる最初の1本目を決め、2試合連続でマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。「最初のPKを蹴るのは責任がある。でもうまくいってよかった」と胸をなで下ろした。

[2006年7月11日8時34分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア