このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



伊リッピ監督退陣決意「役目は終わった」

ユベントスのクラブ事務所を出るリッピ監督(AP)
ユベントスのクラブ事務所を出るリッピ監督(AP)

 リッピ監督は、24年ぶりの優勝を区切りに退陣を決意した。前日11日に予定されていたイタリア協会のグイド・ロッシ特別委員長との会談をキャンセルし、去就について態度を保留。故郷のビアレッジョに戻っていたが、この日「私の役目は終わった。1次リーグのころから考えていたことだ」と、協会側に辞意を伝えたことが分かった。後任には元リボルノ監督のドナドーニ氏が有力視されている。セリエA、欧州CL、そしてW杯優勝で史上初の「3冠」達成とともに、名将は文字通りの勇退を選んだ。

[2006年7月13日9時1分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア