このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



イタリアV戦士、今度の敵はパパラッチ

報道陣とファンに囲まれる、前イタリア代表監督のリッピ氏(AP)
報道陣とファンに囲まれる、前イタリア代表監督のリッピ氏(AP)

 休みの時くらいは勘弁してよ…。そんな嘆きが聞こえてきそうな夏が、いよいよ始まる。W杯優勝を果たしたイタリア代表の次なる敵は、もしかするとフランスやドイツよりも手ごわい? 相手になるかもしれない。そう、それは悪評高きパパラッチだからだ。

 だて男軍団のプライベートのスケジュールは筒抜けだ。FWデルピエロ、MFトッティは南の島ポリネシア、DFカンナバロ、MFピルロらは国内のサルデーニャ島、GKブフォンはオーストラリア…などなど。当然「ライバル」は追跡してくるだろう。

 美形ぞろいのイタリア代表の注目は普段から高い。98年フランスW杯直前には練習後のロッカー室を盗み撮られ、主将DFマルディーニは全裸姿を激写されてしまった。追い掛けっこは日常茶飯事だが、W杯優勝による注目度アップで、パパラッチの過剰な行動が増える可能性が高く、選手たちは戦々恐々のはずだ。

 12日に代表監督を退任したリッピ氏も、所有する大型ボート「ダスト号」でバカンスに出発する。家族との団らん風景だけでなく、恋人や愛人との情事までを執拗(しつよう)に狙うパパラッチの追跡を、W杯2失点の鉄壁な守備同様に、シャットアウトできますか…。

[2006年7月14日9時2分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア