このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



決勝審判エリソンド氏が引退

 決勝を裁いたオラシオ・エリソンド審判員(42=アルゼンチン)が、国際舞台からの引退を発表した。「審判としての私の目標は達成された。私の学んだことを、ほかの人に教える時がきた」。ジダンの退場については「選手の名前は関係ない。誰も最後の試合でジダンを退場にするとは思わないだろう」と振り返った。

[2006年7月15日7時31分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア