このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



フリット氏「俊輔弾は正当」

 往年の名選手たちには日本に同情的な人もいた。オーストラリアびいきの英国で日本-オーストラリア戦のテレビ解説した元イングランド代表DFサウスゲート氏は「駒野がエリア内で倒されたのにPKをもらえなかったのが不運だった」と話した。また元オランダ代表MFフリット氏は「中村のゴールは正当だ。オーストラリアGKが墓穴を掘った形だった」と主張した。

[2006年6月13日11時8分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア