このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



ブラジル報道、日本を酷評

 リーグ最終戦で対戦するブラジルの各メディアは、日本に対して厳しい評価を下した。日本-クロアチア戦を見た評論家のノロニャ氏は「日本はジーコのおかげで強くなった」と指摘する一方で「ブラジルが日本を負かすのに問題があるとは思えない」と自信を見せた。テレビ局のアナウンサーは、後半に柳沢がチャンスを逸した場面で「信じられない」と酷評。両チームともラストパスの精度が低いと、解説者は指摘した。

[2006年6月19日7時41分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア