このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 紙面から > ニュース



リティ「ギプスつけても決まる」柳沢酷評

 欧州各メディアは日本を酷評した。イタリア紙・コリエレ・デロ・スポルトは「かわいそうなジーコ。中村以外は才能のないチームの監督に当たってしまった。母国ではペレに一番近かった人間にとって、この運命はひどい」と報じた。ガゼッタ・デロ・スポルトも「攻撃の4人はシュートしようとしない」と決定力不足のFW陣を厳しく指摘した。

 採点では後半の決定機を外したFW柳沢に軒並み最低点をつけ、テレビ解説したフリット氏は「解説不可能。なぜあんなシュートを打ったのか理解できない」。ドイツ紙・ビルトも「(元ドイツ代表の)フェラー氏ならギプスをつけた足でも決めている」との、元西ドイツ代表リトバルスキー氏のコメントを掲載した。

[2006年6月20日9時9分 紙面から]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア