このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > チーム紹介 > コスタリカ


ここからページ本文

コスタリカ

北中米カリブ海地区

2大会連続3度目

監督
アレクサンドレ・ギマラエス
コスタリカ代表メンバー
位置 No. 名前
GK メセン
18 ポラス
23 アルファロ
DF ドラモンド
マリン
ウマニャ
マルティネス
12 ゴンサレス
15 ウォレス
17 バディージャ
22 ロドリゲス
MF フォンセカ
ボラニョス
ソリス
10 センテノ
14 アソフェイファ
16 エルナンデス
20 セケイラ
FW ワンチョペ
11 ゴメス
13 バーナード
19 サボリオ
21 ヌニェス
戦力チャート図
戦力チャート図
大陸別予選
  年/月/日 スコア 相手 HA
1次 2004/06/12 2△2 キューバ
2004/06/20 1△1 キューバ
2次 2004/08/18 2●5 ホンジュラス
2004/09/05 1●2 グアテマラ
2004/09/08 1○0 カナダ
2004/10/09 5○0 グアテマラ
2004/10/13 3○1 カナダ
2004/11/17 0△0 ホンジュラス
最終 2005/02/09 1●2 メキシコ
2005/03/26 2○1 パナマ
2005/03/30 0△0 トリニダード・トバゴ
2005/06/04 0●3 米国
2005/06/08 3○2 グアテマラ
2005/08/17 0●2 メキシコ
2005/09/03 3○1 パナマ
2005/09/07 2○0 トリニダード・トバゴ
2005/10/08 3○0 米国
2005/10/12 1●3 グアテマラ

 北中米・カリブ海地区の2強、米国とメキシコに次ぐ、3番手の位置を確実にキープした。

 予選突破の一因は、監督交代にある。最終予選第3節でトリニダード・トバゴと引き分けるとピント監督が解任され、02年大会に導いたギマラエス監督が呼び戻された。以後、4勝2敗でW杯出場を決めた(最終グアテマラ戦は消化試合)。負けた試合は米国、メキシコ戦だけ。取りこぼすことなく、結果を出した。

 エースFWは、マンチェスターCなどで活躍し、現在はカタールリーグでプレーするワンチョペ。10月8日の米国戦では、代表通算43ゴール目を記録し、同国最多記録を塗り替えた。W杯後の代表引退を表明しており、06年大会に全精力を注ぐつもりだ。

 ギマラエス監督は02年の時とチーム状況を比べて「今の方が経験がある」と自信を持っている。

世界3位

 昨年12月の世界クラブ選手権に北中米カリブ海代表として同国王者のサプリサが出場。1回戦でシドニーFCを破り、準決勝でリバプールに敗れたが、3位決定戦でアルイティハドに勝った。全員コスタリカ人のチームを率いたのはメドフォード監督。90、02年大会同国代表の伝説的FWは「コスタリカは小国だが、実力はある。W杯はそれを世界に示す場になる」と話していた。
 24日にはW杯代表候補28人が発表されたが、うち8人がサプリサ所属。GKポラス、DFドラモンド、MFセンテノ、ゴメス、FWサボリオの主力5人は、本大会でもレギュラーとして活躍することが予想される。サプリサの選手が、世界3位で得た自信を、そのままW杯に持ち込む。

開幕戦登場

 1次リーグ初戦で、地元ドイツと対戦する。いきなりの大一番にも、GKポラスは「世界が注目するから、逆にうれしいよ」と話した。74年西ドイツ大会から02年日韓大会までは開幕戦で前回優勝国が登場したが、成績は2勝3分け2敗の五分。開幕戦で、いきなり世界を驚かせる可能性も十分だ。

反欧州

 候補選手28人の中に、海外でプレーする選手は4人だけで、24人は国内のクラブに所属する。欧州組はマルティネス(ブレシア)とミジェル(グリムト)のDF2人。プレミアリーグでも活躍した経験のあるエースFWワンチョペは昨年カタールでプレーしたが、今は母国のエレディアノに戻っている。

ボラの系譜

 W杯初出場は90年大会。ボラ・ミルチノビッチ監督率いるチームはスコットランドとスウェーデンに勝って1次リーグ突破。その教えを受けたギマラエス監督が02年大会でチームを復活させた。大会後に退いたが、昨年4月にW杯予選で苦戦するピント監督に代わって再登場。チームを立て直して、連続出場に導いた。

(データは2006年5月1日現在)

チームデータ

過去のW杯
初出場
第14回イタリア大会(1990年)
出場回数
3回
W杯最高位
ベスト16(1990年)
基本情報
正式名
コスタリカ共和国(Republic of Costa Rica)
首都
サンホセ
面積
5・1万平方キロ
人口
422万人(2004年)
1人当たりの国民所得
4070ドル(2002年)

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア