このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > チーム紹介 > コートジボワール


ここからページ本文

コートジボワール

アフリカ地区

初出場

監督
アンリ・ミシェル
コートジボワール代表メンバー
位置 No. 名前
GK ティジエ
16 ニャヌアン
23 バリー
DF ボカ
K・トゥーレ
クアシ
12 メイテ
13 ゾロ
17 ドモロー
21 エブエ
MF アカレ
ゾコラ
ファエ
10 ヤピヤポ
18 ケイタ
19 Y・トゥーレ
20 ダメル
22 ヌドリ・ロマリク
FW カルー
A・コネ
11 ドログバ
14 B・コネ
15 ディンダン
戦力チャート図
戦力チャート図
大陸別予選成績
  年/月/日 スコア 相手 HA
2次3組 2004/06/06 2○0 リビア
2004/06/20 2○1 エジプト
2004/07/04 0●2 カメルーン
2004/09/05 5○0 スーダン
2004/10/10 1○0 ベナン
2005/03/27 3○0 ベナン
2005/06/03 0△0 リビア
2005/06/19 2○0 エジプト
2005/09/04 2●3 カメルーン
2005/10/08 3○1 スーダン

 名将監督の豊富な経験とFWドログバを中心とした攻撃サッカーで初出場を決めた。逆転でアフリカ予選3組を突破。第9節の2位カメルーンとの直接対決に敗れて首位を明け渡したが、最終節でスーダンに勝ちカメルーンがエジプトに引き分けたため再び首位に立ち、W杯切符を手にした。

 ドログバ、FWダンダンが全20得点のうちの16点をたたき出している。チェルシーでも活躍し9戦で9得点のドログバは予選突破の原動力となった。選手の大半が欧州の主要リーグでプレーしており、初出場だが「新人」の面影はまったくない。

 フランス人のアンリ・ミシェル監督は、86年大会にフランスを3位に導き、94年はカメルーン、98年はモロッコを率いた名将だ。ドイツ大会で4カ国4大会目の経験もプラスに働く。強力な戦力と豊富な経験を武器に新興国が快進撃を見せる。

大黒柱

 コートジボワールといえば、FWディディエ・ドログバ(28=チェルシー)だ。W杯予選9試合で9得点。相棒のFWディンダンと合わせ、チーム20点中16点をたたき出した。そのプレースタイルは、高い身体能力を生かしたパワー&スピード型。188センチの長身で、空中戦には絶対的な自信を持っている。
 コートジボワールに生まれたが、5歳の時に転機が訪れた。より良い教育環境を与えようとした両親は、フランスでサッカー選手だった叔父の元に預けた。それが両親の期待する学業でなく、サッカーの才能を開花させることになった。
 03−04シーズン、マルセイユで35試合18得点でフランス最優秀選手。欧州カップ戦での活躍もあって、04年にチェルシー史上最高額となる3750万ユーロ(約50億円)の移籍金で加入した。今季プレミアリーグで12ゴール。チーム得点源の1人として、2連覇が目前だ。

愛称

 「象牙海岸」を意味する国名から、チームの愛称はエレファンツ(象)。かつては象牙が最も国をアピールできる輸出品だったが、現在、最も国の知名度を上げているのは象は象でもエレファンツの選手たちだ。

欧州組

 W杯予選出場27人中26人が、欧州リーグに所属する。アフリカでプレーしているのはエスペランス(チュニジア)GKティジエだけ。DFのK・トゥーレ、エブエは、アーセナルで欧州制覇も視野に入れている。

名将

 86年W杯メキシコ大会で、フランス代表を3位に導いたアンリ・ミシェル監督が率いる。94年カメルーン、98年モロッコでもW杯出場。チュニジアでも監督を務めており、アフリカサッカーに精通している。

初出場

 アフリカ予選3組を逆転の末、突破した。第9節の2位カメルーン戦に敗れ、首位から転落。しかし最終10節でスーダンに勝ち、カメルーンがエジプトに引き分けたため再浮上。土壇場でW杯切符を手にした。

(データは2006年5月1日現在)

チームデータ

過去のW杯
初出場
第18回ドイツ大会(2006年)
出場回数
初出場
W杯最高位
初出場
基本情報
正式名
コートジボワール共和国(Republic of Côte d'lvoire)
首都
ヤムスクロ
面積
32・2万平方キロ
人口
1689・7万人(2004年)
1人当たりの国民所得
620ドル(2002年)

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア