このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > チーム紹介 > エクアドル


ここからページ本文

エクアドル

南米地区

2大会連続2度目

監督
ルイス・スアレス
エクアドル代表メンバー
位置 No. 名前
GK ビジャフエルテ
12 モラ
22 ランサ
DF グアグア
ウルタド
デラクルス
ペルラサ
13 アンブロッシ
17 エスピノサ
18 レアスコ
MF ウルティア
ララ
メンデス
14 カスティージョ
15 アジョビ
16 バレンシア
19 サリタマ
20 E・テノリオ
FW ボルハ
10 カビエデス
11 デルガド
21 C・テノリオ
23 ベニテス
戦力チャート図
戦力チャート図
大陸別予選成績
年/月/日 スコア 相手 HA
2003/09/03 2○0 ベネズエラ
2003/09/10 0●1 ブラジル
2003/11/15 1●2 パラグアイ
2003/11/19 0△0 ペルー
2004/03/30 0●1 アルゼンチン
2004/06/02 2○1 コロンビア
2004/06/05 3○2 ボリビア
2004/09/05 0●1 ウルグアイ
2004/10/10 2○0 チリ
2004/10/14 1●3 ベネズエラ
2004/11/17 1○0 ブラジル
2005/03/27 5○2 パラグアイ
2004/03/30 2△2 ペルー
2004/06/04 2○0 アルゼンチン
2004/06/08 0●3 コロンビア
2004/09/03 2○1 ボリビア
2004/10/08 0△0 ウルグアイ
2004/10/12 0△0 チリ

 W杯ドイツ大会では、2人のクリスティアーノ・ロナウドが見られるかもしれない。

 1人は、ポルトガル代表のC・ロナウド。そしてもう1人はエクアドル代表にいる。その名はクリスティアーノ・ロナウド・ララ・アナンゴノ(25)。昨年8月に就任し若手への切り替えを図ったスアレス監督の期待に応え、6月4日にはアルゼンチン戦で代表初ゴール。南米予選史上初めて、ブラジル、アルゼンチンを同一大会予選で撃破する原動力となった。

 代表では定位置争いの渦中にいるが、国内ではブラジル代表FWロビーニョと比肩されるほどの期待を浴びる25歳。「ボクもロビーニョも神に才能を与えられて生まれてきた」とコメントも頼もしい。今予選、ホームでは7勝2分け。国内の格言にも「ホームアドバンテージこそすべて」という言葉があるほどの究極の内弁慶、エクアドルは、新星の台頭で初の1次リーグ突破に挑む。

内弁慶

 ホームとアウエーで成績が極端に変わる。W杯南米予選は、ホームで7勝2分け。ブラジル、アルゼンチンも破った。逆にアウエーでは、1勝2分け6敗。ホーム戦が行われた首都キトは、標高2850メートルと空気が薄く、対戦国が力を発揮できないことが要因だ。こういう事情のため、南米予選は2強に続く3位突破ながらも、実力を差し引いて考える必要がありそうだ。
 W杯開催のドイツは、低地のアウエー。3月に来日した際、スアレス監督は「我々は高地でも低地でも同じようにプレーできる。そういう人たちの見解を晴らすためにも、ドイツでそれを証明したい」と話した。しかし、大分での日本戦は0−1での敗戦。互いに欧州組を欠いた一戦で、やはり敵地では勝てなかった。個人技を主体にボールをつなぐスタイルを貫くが、決定力が課題だ。

コロンビア

 マツラナ、ゴメス、そしてスアレス監督と、近年の指揮官は一貫してコロンビア人。選手の入れ替えはあるものの、継続的な強化を可能にしている。現在は、アシスタントコーチもコロンビア人が務めている。

愛称

 チームの愛称はコンドルス。国旗の中心に配された国章にも、協会のエンブレムにも、コンドルが描かれているアンデスの象徴だ。

日本人

 沖縄かりゆしFCのFW中川賀之は、日本人として初めてエクアドルのプロリーグでプレー。のべ5シーズン在籍した。現在も、代表選手たちとは親交がある。

悲劇

 昨年5月、FWオティリノ・テノリオ選手(享年25)が交通事故で死去した。ゴール後にスパイダーマンのマスクをかぶることで知られ、世界中のテレビで紹介された人気者だった。

(データは2005年5月1日現在)

チームデータ

過去のW杯
初出場
第17回年日本・韓国大会(2002年)
出場回数
2回
W杯最高位
1次リーグ敗退
基本情報
正式名
エクアドル共和国(Republic of Ecuador)
首都
キト
面積
28・4万平方キロ
人口
1340・2万人(2004年)
1人当たりの国民所得
1490ドル(2002年)

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア