このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > チーム紹介 > ドイツ


ここからページ本文

ドイツ

欧州地区

14大会連続16度目

監督
ユルゲン・クリンスマン
ドイツ代表メンバー
位置 No. 名前
GK レーマン
12 カーン
23 ヒルデブラント
DF ヤンセン
フリードリヒ
ケール
ノボトニー
16 ラーム
17 メルテザッカー
21 メッツェルダー
フート
MF シュバインシュタイガー
フリンクス
13 バラック
15 ヒツルシュペルガー
18 ボロウスキ
19 シュナイダー
22 オドンコル
FW ハンケ
10 ノイビル
11 クローゼ
14 アサモア
20 ポドルスキ
戦力チャート図
戦力チャート図

 前回の準優勝国は、今回はホスト国として予選を免除された。

 司令塔バラックが攻撃のカギを握るが、クリンスマン監督は積極的に若手を登用している。2002年W杯日韓大会で5得点をマークしたFWクローゼが健在だが、FWクラニーが、それを脅かす存在となっている。これに19歳で代表に招集されたMFシュバインシュタイガー、ポドルスキーの若手2枚が加わる。DFラインもメルテザッカー、フートら若手が着実に伸びている。コンフェデ杯では準決勝でブラジルに2−3で敗れたが、内容は遜色なかった。ホームということもあり、間違いなく優勝候補の一角だろう。

 基本システムは4−4−2。DFラインがまだ固定されていない印象もあるが、本番までには整備されるだろう。

地元開催

 74年以来32年ぶりにホスト国(当時は西ドイツ)として迎える大会で、前回と同様に優勝を飾れば史上初の「地元大会連覇」という偉業になる。当時の主将だったベッケンバウアー氏が組織委員会会長として大会のかじ取り役を担う。
 04年欧州選手権で1次リーグ敗退を喫してW杯への不安が広がるとフェラー前監督が辞任し、監督経験のないクリンスマン監督が就任した。ギリシャ代表で同選手権優勝を果たしたドイツ人のレーハーゲル氏らにことごとく断られた末の苦渋の決断だった。
 クリンスマン監督は、居住する米国からの遠隔指示やGKローテーション起用などで批判を浴び続ける。不安視するファンやメディアは多いが、準優勝した前回大会のように、前評判の低い時ほど勝ち進むのもドイツだ。

ゲルマン魂

 過去のW杯では85試合109失点し、1試合1点以上取られている。実績上位の国の中では失点する率が高い。それでも勝つのは粘り強く逆転するからで、日本では「ゲルマン魂」と呼ばれている。ただし、ドイツにはそれに相当する言葉はないという。

GK戦争

 クリンスマン監督就任以来1年半にわたった正GK争いは、レーマンの勝利に終わった。レーマンは過去2度のW杯でベンチに座り、35歳での初舞台になる。逆に02年の正GKカーンは、98年以来8年ぶりにベンチで迎える大会になる。

シェフ

 ドイツのベストプレーヤーといわれるのがMFバラックで、中盤での存在感は世界屈指とされる。監督就任時から主将(ドイツ語では「シェフ」と呼ぶ)に任命されている。

伝統国

 出場回数16、優勝3、通算勝利49、得点171はいずれもブラジルに次ぐ2位。決勝進出7度、4強進出10度、8強進出14度はブラジルと並ぶ最多記録だ。最多得点記録(14得点)のミュラーと最多試合出場(25試合)のマテウスら個人レベルでもすごい。

(データは2006年5月1日現在)

チームデータ

過去のW杯
初出場
第2回イタリア大会(1934年)
出場回数
16回
W杯最高位
優勝(1954年、1974年、1990年)
基本情報
正式名
ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany)
首都
ベルリン
面積
35・7万平方キロ
人口
8255・8万人(2004年)
1人当たりの国民所得
22740ドル(2002年)

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア