このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > チーム紹介 > ガーナ


ここからページ本文

ガーナ

アフリカ地区

初出場

監督
ラトミール・デュイコビッチ
ガーナ代表メンバー
位置 No. 名前
GK アジェイ
22 キングストン
16 オウ
DF シラ
21 イッサアーメド
クフォー
メンサー
13 モハメド
15 パンツィル
パプー
17 クエ
サーペイ
MF ボアテング
18 E・アッド
エシアン
23 ドラマニ
11 ムンタリ
20 0・アッド
10 アッピア
FW ジャン
14 アモア
19 ピンポング
12 ティチエメンサー
戦力チャート図
戦力チャート図
大陸別予選成績
  年/月/日 スコア 相手 HA
1次 2003/11/16 5○0 ソマリア
2003/11/19 2○0 ソマリア
2次2組 2004/06/05 0●1 ブルキナファソ
2004/06/20 3○0 南アフリカ
2004/07/03 1△1 ウガンダ
2004/09/05 2○0 カボベルデ
2004/10/10 0△0 コンゴ
2005/03/27 1△1 コンゴ
2005/06/05 2○1 ブルキナファソ
2005/06/18 2○0 南アフリカ
2005/09/04 2○0 ウガンダ
2005/10/08 4○0 カボベルデ

 今夏、最高移籍金でチェルシー入りした「51億円男」エシアンなどアフリカ屈指のタレント集団ガーナが、東欧の名将のタクトでW杯に導かれた。最終予選の初戦ブルキナファソ戦で、いきなり完封負けを喫するなど、1次予選からの7試合で3人が指揮。最終予選は5試合を終えて2勝2分け1敗と低迷した。だが、昨年11月にセルビア・モンテネグロ人のデュイコビッチ監督が就任すると1分け後に4連勝。同組だった10年W杯開催国の南アフリカなど他国を寄せつけなかった。

 FWは予選4得点のA・ギアンだが、むしろMF陣の得点力が高い。その中心はユベントスから今季フェネルバチェに移籍したMFアッピア、チームの核になるエシアン。2人で7得点と攻守でチームをけん引している。4度のアフリカ王者のほか、U−17世界選手権で2度優勝、ワールドユース準V2度など若い世代が世界を驚かせてきたブラックスターズが、今度はW杯の舞台で躍進を目指す。

51億円男エシアン

 初出場ながら「ブラックスターズ」の愛称通り、欧州で活躍する選手のそろうスター軍団だ。中でも最注目はMFエシアン。昨夏の移籍の際、チェルシーが獲得のために前所属のリヨンに支払った移籍金は51億円にのぼり「移籍金バブル」が崩壊した過去3年間の移籍市場では最高額を記録。04年にエバートンからマンチェスターUに移籍したルーニー(推定50億円)さえも上回った。もう1人の中盤の要がセリエAでプレーしていたアッピア(フェネルバチェ)で、今季終了後にユベントスかローマに移籍するとみられる。

珍名前会長

 フジテレビ系「トリビアの泉」で有名になったのが前会長のニャホ・ニャホタマクロー氏。やり手だったが、昨年5月に協会理事会を指して「経営センスのない人間の集まり」と批判して辞任した。後任にニャンタキ氏が就任したが、財政が一気に火の車に。図らずも、ニャホタマクロー氏のビジネス手腕が浮き彫りになった。

泥沼から

 W杯予選は低調で、1次予選から合計4人の監督が指揮した。最終予選前半の5試合を終えて2勝2分け1敗と低迷したが、セルビア・モンテネグロ人のデュイコビッチ監督が就任すると1分け後に4連勝し、W杯出場権をつかんだ。

アフリカの強豪

 W杯は初出場だが、アフリカ選手権優勝4回、U−17世界選手権優勝2回、ワールドユース準優勝2回など、実績はある。アフリカでは、大陸を代表する強豪として認知されている。

土壇場選考

 26日のシュツットガルト戦を皮切りに5月15日の代表発表まで、国内組中心の代表チームで欧州を転戦して5〜6試合を行い、代表選手を絞り込まれた。

(データは2006年5月1日現在)

チームデータ

過去のW杯
初出場
第18回ドイツ大会(2006年)
出場回数
初出場
W杯最高位
初出場
基本情報
正式名
ガーナ共和国(Republic of Ghana)
首都
アクラ
面積
23・9万平方キロ
人口
2137・7万人(2004年)
1人当たりの国民所得
270ドル(2002年)

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア