このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > チーム紹介 > セルビア・モンテネグロ


ここからページ本文

セルビア・モンテネグロ

欧州地区

2大会ぶり10度目

監督
イリヤ・ペトコビッチ
セルビア・モンテネグロ代表メンバー
位置 No. 名前
GK イエブリッチ
12 コバチェビッチ
23 ストイコビッチ
DF ドラグティノビッチ
ビディッチ
ガブランチッチ
13 バスタ
14 N・ジョルジェビッチ
15 ドゥディッチ
20 クルスタイッチ
16 ペトコビッチ
MF エルギッチ
ドゥリャイ
コロマン
10 スタンコビッチ
11 P・ジョルジェビッチ
17 ナジ
18 ブキッチ
22 イリッチ
FW ケジュマン
ミロシェビッチ
19 ジギッチ
21 リュボヤ
戦力チャート図
戦力チャート図
大陸別予選成績
  年/月/日 スコア 相手 HA
7組 2004/09/04 3○0 サンマリノ
2004/10/09 0△0 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2004/10/13 5○0 サンマリノ
2004/11/17 2○0 ベルギー
2005/03/30 0△0 スペイン
2005/06/04 0△0 ベルギー
2005/09/03 2○0 リトアニア
2005/09/07 1△1 スペイン
2005/10/08 2○0 リトアニア
2005/10/12 1○0 ボスニア・ヘルツェゴビナ

 世界最高の守備力を武器にW杯出場を決めた。10試合で失点はわずか1。世界中の予選出場国で最少だ。欧州7組を首位で通過。6勝4分け無敗で、旧ユーゴスラビア時代を含め2大会ぶりの10度目の突破だ。03年2月の国名改名後、初出場となった。

 74年大会にMFとしてユーゴスラビア代表で活躍したペトコビッチ監督は、守備を重視した。4バックを採用してDFクルスタイッチ、ガブランチッチといった長身選手がタイトなマークを身上に結束している。唯一の失点は9月7日のスペイン戦。FWラウルに先制点を決められたが、FWケジュマンが同点とし無敗を死守。ケジュマンは4戦連続で得点を決めるなど攻撃の要だ。

 かつては「東欧のブラジル」と呼ばれ、90年にストイコビッチの個人技で8強入りしたが、攻撃サッカーの面影はもう残っていない。驚異的な組織力で勝負し、革命を起こす。

鉄壁の守備

 “ネームバリュー”だけなら、C組の1次リーグ突破はアルゼンチンとオランダ、と考えるのが妥当。それを「死の組」と呼ばれる最大の理由が、この国の存在だ。W杯予選での失点1(10試合)は、予選に参加した195の国と地域の中で最少だった。
 常にW杯の優勝候補に挙げられるスペインにホームで0−0、アウエーでも1−1。1歩も譲らず、結局スペインをプレーオフ回りにした。旧ユーゴスラビアはタレントをそろえ華麗な個人技で魅了したが、今は全員が泥臭く戦う。組織力を生かした鉄壁の守備は、どんな強豪国にも脅威だ。
 内戦の影響もあり今世紀に入って低迷したが、03年に就任したペトコビッチ監督が守備型チームとして完全に立て直した。同監督は「みんなが大変な組だと言うが心配はない。まあ、何が起こるかお楽しみに」。不敵な笑いが不気味だ。

東欧のブラジル

 ユーゴスラビアとして30年の第1回W杯に出場。この大会と62年大会で4強。欧州選手権では60、68年に準V、ワールドユースでは87年優勝など「東欧のブラジル」と呼ばれた。現国名では初のW杯出場。

粒ぞろい

 欧州予選で7試合5得点のFWケジュマン(Aマドリード)、スペインリーグ今季9得点のFWミロシェビッチ(オサスナ)が2トップ。MFスタンコビッチ(インテル)DFビディッチ(マンチェスターU)など欧州4大リーグで活躍する選手が多い。

政情不安

 旧ユーゴスラビアはボスニアに対し不当な干渉をしたとして、92年に国連安保理からスポーツ交流禁止の制裁を受けた。この影響で94年W杯の予選にも出場できなかった。99年にはコソボ紛争でNATO軍からの空爆を受けるなど、90年代はサッカーどころではなかった。

日本との縁

 90年W杯でチームを8強に導いたオシム監督は03年から千葉の監督。この大会のFWストイコビッチは94年から01年まで名古屋で活躍。今季、日本代表FW鈴木がレッドスターに移籍している。

(データは2006年5月1日現在)

チームデータ

過去のW杯
初出場
第1回ウルグアイ大会(1930年)
出場回数
10回
W杯最高位
3位(1930年)
基本情報
正式名
セルビア・モンテネグロ(Serbia and Montenegro)
首都
ベオグラード
面積
10・2万平方キロ
人口
1070・5万人(2004年)
1人当たりの国民所得
1400ドル(2002年)

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア