このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > Voice&Vote


クロアチア戦スタメン予想

がむしゃらに!泥臭く!巻を支持

クロアチア戦スタメン予想

 巻のスタメン起用を熱望-。ニッカンスポーツ・コム読者が選んだ1次リーグ・クロアチア戦のベスト布陣で、FW高原と2トップを組む相手に巻が支持された。レギュラーFW柳沢の2倍以上の得票数で、以下玉田、大黒ともに柳沢を上回った。崖っぷちのジーコ日本にとって、「何よりも巻のがむしゃらさが必要」(30代女性)。初戦で出場機会のなかった切り札に逆転突破を託した。

 またシステムは「勝つしかないなら4-4-2」(40代男性)の意見に代表されるように、攻撃的布陣を望む声が圧倒的。「大黒、玉田、小笠原で走り続けて欲しい」(20代男性)。読者は大一番で日本代表の総攻撃だけを望んでいる。

有効投票者数4569。

りょうりん/30代男性
<川口、宮本、三都主、中沢、加地、福西、中田英、中村、小野、柳沢、高原>
 システムは4-4-2。相手の堅い守備陣から点を取るのには、ミドルシュートが必要。今大会の他の試合を見てみてもエリア外からのシュートの正確さが勝負を分けていると思う。ワントップだと逆にオーストラリア戦のように中盤が機能しなくなりそうなので、2トップで。
ルビクレ/30代男性
<川口、三都主、中沢、坪井、加地、福西、中田英、中村、小笠原、高原、玉田>
 4-4-2で攻撃的に、これで勝てないなら諦めがつくが、3-5-2の守備的なら、負けたら諦めがつかない。ジーコ監督はオーストラリア戦の采配は見事にうらぎってくれた、だれもが選手交代を考えているなかで、動けなかった、なぜ? でも、これは4年間の試合見てきた人たちには、「やっぱりな」という事になる。それならば、最初っから攻撃的な布陣をひいて、選手交代の必要性がないような、試合展開を希望する。
かんさい/20代男性
<川口、宮本、中沢、中田浩、加地、福西、中田英、中村、小笠原、大黒、巻>
 点を決めて勝つしかないので、攻撃的な4-4-2で。高原、柳沢の2トップだと、ボールを持ちすぎるので、チームの流れを変える為にも、積極性のある大黒と巻の2トップが望ましいと思う。けど念のために、左サイドは三都主ではなく、守備重視の中田浩二。
ラッキー/30代女性
<楢崎、宮本、三都主、中沢、坪井、加地、福西、中田英、小笠原、玉田、大黒>
 判断ミスをした川口、パスが上げられない駒野は外す。それから、体力のない俊輔も外す。こういう舞台では俊輔のデイフェンスの弱さ、体力のなさが目立つ。余裕のある状態でしか使えない。
DAIICHI/30代男性
<川口、宮本、三都主、中沢、加地、福西、中田英、中村、小笠原、柳沢、高原>
 布陣は4-4-2だが、サイドバックの加地・サントスが常に攻撃参加する攻撃的なシステムを望む。その分サイドバックは豊富な運動量が必要。動けなくなったら、駒野や中田浩二を投入。引き分け以下なら、決勝T進出は絶望なんだから、とにかく攻撃的に攻めて欲しい。
qzib/30代男性
<川口、宮本、中沢、中田浩、坪井、福西、中村、小笠原、小野、柳沢、巻>
 小笠原と中村のコンビが一番いいような…ってなると4-4-2かな? ディフェンスは選びようがない。サントスはいらない。結局中田を入れようとするからバランスがとれないと思う。フォワードも誰って難しいが、柳はスペース作りに専念してもらってもう1人がガンガンいくしかないかな? 中盤以外は人がいないからいる中で何とかね。
jiro/30代男性
<楢崎、宮本、中沢、中田浩、加地、福西、中田英、中村、稲本、小野、巻>
 4-4-1-1。とにかく点を取る。右の加地を生かす為、左は中田浩。中盤は、福西+稲本のダブルボランチで。雪辱に燃える小野に期待。俊輔がゲームメイク。ヒデを1.5列目で使う。巻の泥臭いゴールを願う。でも、こんな布陣は練習して無いだろうな。
おかちゃん/50代男性
<川口、宮本、中沢、中田浩、加地、福西、中田英、中村、小野、高原、大黒>
 中田浩二をサイドバックの4バックとしたい。相手が2トップだろうから、加地は上がり気味で3バッグとなっても良い。福西をほぼ守備に専念させ、小野、中田、俊輔のパス回しで相手を翻弄し、疲れさせる。FWは決定力のある大黒を投入。
にお/30代男性
<川口、宮本、中沢、中田浩、加地、中田英、中村、小笠原、稲本、柳沢、大黒>
 とにかく勝利。ボランチは1人でも相手を潰せる稲本。中田英も攻撃的に。左サイドは安定感のある中田浩二。FWはスピードのあるコンビで。
ゆっきぃ/20代女性
<川口、宮本、三都主、中沢、加地、福西、中田英、中村、稲本、玉田、大黒>
 FWは、シュートを打たない高原、柳沢は、絶対はずして大黒、玉田の2トップでスピードと裏を取る動きで相手をかく乱してゴールに期待。攻めなきゃ、勝てないので4バックに。復活の加地には、クロスの精度に期待。とにかく攻撃的に…。
シュートボール/40代男性
<川口、宮本、中沢、中田浩、駒野、福西、中田英、中村、小笠原、玉田、巻>
 次は4-4-2。DFは左サイドバックに中田浩二、MFは2列目に小笠原と中村、ボランチに福西と中田英、2トップに高さのある巻とスピードのある玉田です。久保の代わりに選ばれて、中山のような泥臭いプレイをする巻は使うべきだ。
ヒーロー/40代女性
<楢崎、宮本、中沢、中田浩、加地、中田英、中村、稲本、小野、玉田、巻>
 全員で守り、全員でせめて欲しい! そのためには、中田浩二が絶対必要です。攻守に一番バランスの取れる選手だからです。できれば、ボランチに英と浩二が入り、2人で頭脳プレーで勝利に導いて欲しい! この2人にまかせたい!
どすこい/30代男性
<川口、茂庭、中沢、坪井、福西、中村、小笠原、稲本、小野、高原、大黒>
 私の提案は、3-5-2、3バックはフィジカルの強い中澤、茂庭、坪井、中盤はシュートもうまくディフェンスも硬い稲本、福西、右にセルティックでのレギュラーポジションである俊輔、左にトルシエ時代の活躍を期待して小野、トップ下にいま試合に飢えている小笠原、2トップは得点力のある高原、大黒。これ最強。中田英はあきらかにチームワークを乱しているし、宮本はそもそも代表クラスのディフェンス力があるとは思えない。
モガミ/40代男性
<川口、宮本、三都主、中沢、坪井、加地、福西、中田英、中村、大黒、巻>
 システムは3-5-2のダブルボランチ。結果が出ないからと言って4バックに戻すのは今更間違っていると思う。2トップは前回で消極的で結果を残さなかった2人以外の組み合わせを使うべき。ディフェンスはラインを上げてもっと中盤をコンパクトにするべき。オーストラリア戦のように相手に自由にボールを回されるような試合運びは間違っていると思う。支配率を上げてボールを回しながらペースを掴んでいくべきだ。
ろっきー/20代男性
<川口、宮本、三都主、中沢、坪井、駒野、福西、中田英、中村、小笠原、高原>
 より攻撃的に行くため、本来は4-4-2にしたいところだが、立ち上がりは落ち着くまで3バックでいく。2トップから1トップに変更したのは、柳沢の出来が悪かったことと、日本のMFの中で最も攻撃的なプレーが多い小笠原を使いたいが中田英、中村、福西をはずすとチームのバランスが崩れるため。
R-R/30代男性
<楢崎、茂庭、宮本、中沢、中田浩、福西、中田英、中村、稲本、大黒、巻>
 川口の一戦目の守りは悪くはなかった。でも川口はW杯全敗というジンクスがある。可哀相だが楢崎に交代。あと、FW陣の交代は絶対必要だ。シュートをうつのを躊躇するFWなんていらない!
一るの望み/50代男性
<楢崎、中沢、中田浩、坪井、福西、中田英、中村、稲本、小野、柳沢、大黒>
 3-5-2でよい。システムの問題でなく、ポジション適正に優れたプレイヤーを起用すべし。川口は軽率さを露呈し、宮本、サントスはフィジカル面の脆さが如何ともしがたい。FWは2トップでなければ、前線から相手を追いまわせないし、攻撃の基点になり得ない。
zuma/20代男性
<楢崎、宮本、三都主、、、、、、、、>
 スタートは3-5-2でいいと思う。クロアチアも勝ちにくるために攻めてくるはずだから、4バックスタートでは守備のリスクが高すぎる。状況に応じて選手、システムを変えていって欲しいが、それがはたしてジーコにできるか大いに疑問が残るのが悲しいところ。GKは高さのある楢崎に変更。FWにはカンフル剤として走れる巻を起用したい。
監督さん/20代男性
<川口、宮本、中沢、中田浩、駒野、福西、中村、稲本、小野、柳沢、巻>
 攻撃的な4-4-2で中村と小野のW司令塔。ヒデはあくまでも攻撃的な選手なので、ボランチは稲本と福西。この2人のミドルシュートを期待! 守備はサイドの守備を固めるために左サイドバックに中田コ。柳沢はゴールへの積極性が足りないけど、キープ力が今のFWの中でトップ。そして、フィジカルの強く、J-リーグで好調の巻を起用!
TOSHI/30代男性
<川口、宮本、三都主、中沢、加地、福西、中田英、中村、小笠原、高原、玉田>
 気分転換と中盤のタレントを生かすため4-4-2が良いと思う。FWは前半は高原でいくがダメならすぐ大黒若しくは巻と交代させる。とにかく運動量勝負で疲れたら交代要員3人をフルに使い終始攻めの姿勢でとりくんで欲しい。日本は8年前と同様、守りきれなくなってしまったのでとにかく攻めること。

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア