このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > コラム > セルジオ越後


ここからページ本文

セルジオ越後コラム

バックナンバー一覧

2006年06月13日

監督の差で負けた…疲労福西なぜ代えない

<1次リーグ:オーストラリア3-1日本>◇12日◇F組◇カイザースラウテルン

 ジーコ監督とヒディンク監督の差で負けた。勝てた相手、勝てた試合を負けただけでなく、負け方もショックだった。打つ手がすべて当たったヒディンク監督に対して、我がジーコ監督は後手後手になった。背の高い選手を当たり前のように投入し、こぼれ球を拾える選手も起用してきたのに対して、何の対応もしなかった。疲労している福西を代え、遠藤や稲本らの守備的なボランチをバックラインの前に起用し、ピンチを防ぐことをどうして考えなかったのか。何もしないでベンチに座らせるために多くのボランチを連れてきたと思われても仕方ないだろう。1点リードしていた時点で、積極的な守りの選手交代をして欲しかったが、ジーコ監督には無理な注文なのかも知れない。

 前半で日本が1点をリードして折り返すなんて、うれしい想定外だったね。あの1点は主審が見逃してくれたラッキーなものだったが、中村のキックが、ゴールに向かって正確な弾道を描いていたからゴールが生まれた。ラッキーではあったが、常にゴール狙っていたからこそ生まれた得点ともいえる。

 次のクロアチア戦は勝つことが最低条件だ。3試合目のブラジル戦に全力で臨まなければいけない。この負けで、決して終わりではないが、勝ち抜く可能性は非常に低くなったことは事実だ。(日刊スポーツ評論家)

セルジオ越後(えちご)
 1945年(昭和20年)7月28日、ブラジル・サンパウロ市生まれ、日系2世。18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。右ウイングとして活躍し、ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和サッカー部(現:湘南ベルマーレ)ではゲームメーカーとして貢献。辛辣で辛口な内容とユニークな話しぶりにファンも多く、各地の講演活動も好評。

ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア