このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー

ホーム > 2006年ドイツW杯 > 日本代表 > ニュース



代表熱気!Jヴィレッジに2万3000人

ジーコ監督が見守る中、シュート練習をするMF中田(撮影・蔦林史峰)
ジーコ監督が見守る中、シュート練習をするMF中田(撮影・蔦林史峰)

 日本代表は21日、福島・Jヴィレッジで4日目の練習を行った。午前練習では今合宿初めてのシュート練習をした。観衆は前日(20日)の1万3000人を大きく上回り、午前中だけで2万3000人。練習後はDF中沢らが手を振って声援に応えた。またDF三都主、中田浩、MF小笠原、FW柳沢、高原、大黒は別メニュー調整した。DF田中は練習中に左太もも裏の違和感を訴えて練習を途中で止めた。

[2006年5月21日13時24分]


最新ニュース

記事バックナンバー


ここからサイドエリア

 

このページの先頭へ

ここからフッターエリア